国内を選ばないメリット

スーツの男性たち

国内ではなく香港で会社設立をすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。メリットの1つが、経済自由度が高いという点です。市場開放度や金融・貿易の自由度などが世界トップクラスの香港であれば、ビジネスチャンスが日本よりもつかみやすい可能性があります。さらに税金の種類が少ないというのも、香港における特徴の1つです。会社設立したくても、税金が複雑で挫折するという方も見られます。国内よりも税金の種類が少ない環境を選ぶことで、税制の負担を減らし気持ちを楽にすることにつながります。ほかにもメリットの1つとして、中国などアジア全域を対象としたビジネスがしやすいという点も押さえておきましょう。

デメリットから注意点を考える

マンション

メリットがある一方で、香港での会社設立を検討するならいくつか注意が必要なポイントが存在しています。その注意点の1つとしてあげられるのが、日本よりも国土面積が狭くて人口密度が高いということです。国土が狭いことで金融率国として発展しているというメリットはあるものの、狭い場所での経済発展にはマイナスの部分もあります。そのマイナスを払しょくするために、香港で会社設立をしたいならアジアや世界進出を考えるのも1つの手です。また発展している都市ならではのデメリットとなるのが、香港はビジネス中心地のためオフィスの賃貸料が高くなっています。賃貸料の負担を考えたうえで、ビジネスを始める場所にふさわしいか検討していくことが大切です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3