HOME>特集>有利なポイントを把握してより良い形でビジネスを始めよう

税率の低さが魅力の1つ

日本国内ではなく、香港での会社設立を検討しているというケースも多く見られます。ここで問題になるのが、香港での会社設立にはどのようなメリットが存在しているのかという点です。特に大きなメリットとしてあげられるのが、香港法人は事業収益にかかる税金が非常に低いという点です。同じ利益が出た場合でも、税率が低い環境だと手元に残るお金が多くなります。世界的に見ても低い税率になっているので、税金で損をしない形でビジネスを始めたいと考えている方にとっては、有利な選択肢となる可能性があります。

中国とのビジネスの中継地にもなる

ビジネスをするうえで、大きなマーケットを相手にできる多く稼ぐチャンスを作ることにつながります。大きなマーケットの近くでビジネスをしたいと考えている場合、香港での会社設立は適した選択肢になる可能性があります。実は香港は、電車でも中国に入国することが可能な環境です。電車で行ける距離に中国という巨大市場があることで、ビジネスのやり方次第では大きく稼げるかもしれません。もちろん中国相手のビジネスだけではなく、日本に対してもビジネスをするなど、状況に合わせてさまざまな形で事業ができるという点も押さえておきましょう。