HOME>イチオシ情報>現地での活動は信頼できる現地スタッフに任せるようにする
オフィス

設立を代行してくれる会社の活用

これから香港で新たらしく事業を立ち上げる場合には、会社設立を代行してくれる会社をしっかり活用することが大切です。大手企業であっても自社だけで新しく法人を設立し、適切な書類手続きをすることは難しく、結局大きなコストと時間をかける結果となります。そうならないためには香港への事業進出をサポートしてくれる会社を見つけ出し、そこに難しく煩雑な手続きを任せるようにしましょう。日本語しかわからないとしても現地で翻訳を専門とするスタッフを採用し、その人を窓口として活動していけばいいのです。香港で会社設立をするとなると敷居の高さを感じますが、事業の内容によっては国内の地方で活動するより簡単なことも十分にあり得るでしょう。

必要な情報をしっかり共有する

初めて海外に会社設立をするにあたって最も重要なことは、しっかりと情報共有を行うことにあります。日本人同士の場合はある程度は空気を読んでもらえますが、海外とやり取りをする場合はそれは通じません。わからないところや書類に不明瞭な箇所があった場合には、しっかりと問い合わせをしていかなければならないことを強く意識しましょう。急いで香港に会社を設立しなければならない事情があるのでなければ、慎重にメールや電話でお互いに必要な情報をやり取りしていくべきです。